デジタル矯正の限界 :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

予約ダイヤル 0120-444-047 24hネット予約 お問い合わせ

【診療時間】10:30~13:00 / 14:30~19:00(火金土日~18:30)土日診療

矯正歯科コラムOrthodontic column

デジタル矯正の限界

矯正歯科コラム
デジタル矯正の限界

3日間クリスチャンコーチマン先生によるデジタススマイルデザイン(DSD)のご講演を聞いてまいりました。ヨーロッパで最先端のデジタル歯科治療の内容です。キャンセル待ちもある中で、大変貴重な学びの機会をいただきました。


いくらデジタルといえど、診断や治療計画はAIでは行えず、ドクターによってよく考えられることが大切である、というのは複数名いらした演者の先生の共通の答えでした。

私も大変そう思います。

いくら切れの良い包丁を持ったとしても、良い寿司職人にはなれないのと同じ。

いくら素晴らしいデジタル機材があっても、経験無くして良い歯科治療はできないと思います。

私はデジタルを利用することにより、矯正治療の精度が上がっていることは確かだと思います。

アナログ✖️デジタル

両刃があって治療は輝くと思います。

歯に負担がかかる噛み合わせだな、というのは患者さんの歯に手を当てて、振動を感じることによっても見極めて参ります。これはまだデジタルでは難しいでしょう。患者さんを目で見る視診、手で感じる触診はやはり未だに歯科医師が必要とされる分野です。

通院なしで矯正治療が終わるという通販のようなものもあるということですが、誰が紙一枚の噛み合わせの不正を判断してくのでしょう。

通院しないで安くできる矯正治療もたくさん出回っているということですが、デジタルのみを駆使し、患者さんを人として見ない歯科治療はクオリティーが違うので(治療後の方が噛みづらいというのはたくさんあると思います)、きっと数年先に利用者に選ばれなくなると予想しています。