『インビザライン認定医』『○○プロバイダー』 に騙されないようにしましょう。 :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

矯正歯科コラムOrthodontic column

『インビザライン認定医』『○○プロバイダー』 に騙されないようにしましょう。

矯正歯科コラム

マウスピース矯正治療を検討されている方は、『インビザライン認定医』、とか『◯◯プロバイダー』という言葉を目にしたことがあるかもしれません。

なんだか、すごそう、きちんと治療してもらえそう、というふうに感じられるかもしれませんが、大変残念ながらそうではありません。
インビザライン認定医は歯科医師が2日間のオンラインのセミナーを受講したらテストを受けることもなく取得できてしまいす。
そうなんです、かなり、、、簡単に取得できてしまうんです。
なので、インビザライン認定医、というものは治療技術を裏付けするものでは全くないのではないのでお気をつけください。
また、私は◯◯プロバイダーです!と表記されていてもそれは患者さんの数が多いということで、適切な治療を行なっていることとは無縁です。

全国の歯科医院の裏事情をよくご存知の方とお話しした際、矯正治療ができない先生がインビザライン認定医、ダイヤモンドプロバイダー、プラチナエリートプロバイダーなどとして数多くの患者さんを診療されており、すでに健康被害を抱える患者様の問題は勃発しており、非常に心が痛むとお話ししてくださいました。

私はダイヤモンドプロバイダーでそれを公表もしておりますが、日本矯正歯科学会認定医(これを取得するのは5年以上かかり、試験もあり大変です)として、治療技術レベルを保ち、患者さんの健康面も考慮した良質な矯正治療を提供できるよう、日々研鑽しております。

インビザライン認定医、ダイヤモンドプロバイダーは治療技術を裏付けするものではないので、そのような文言には十分に注意してください。特に日本矯正歯科学会の認定医を持っていないドクターは要注意です。まれに認定医を持っていなくても技術力がある先生はいらっしゃいますが、稀ですので参考にしていただけると幸いです。

認定と言っても5年かかってテストを受けてやっと資格となるものと、2日間のオンラインセミナーさえ受ければ認定されるものと色々あるのです。
認定という言葉が気になる場合は日本矯正歯科学会認定医、もしくは日本矯正歯科学会臨床指導医などの資格を見ておくと良いでしょう。

院長
隅田実希