小児矯正の1回だけで治療が終わる???要注意です。 :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

矯正歯科コラムOrthodontic column

小児矯正の1回だけで治療が終わる???要注意です。

矯正歯科コラム

初診カウンセリングにて、他院では小児矯正治療を1回をやれば成人矯正治療を行わなくても良いと言われた、とお話をしてくださった方がいました。


一般の方に間違った知識が広がってはいけないので、こちらで正しい内容をシェアいたします。

小児矯正治療を行うとき、永久歯が生えそろっているお子さまはいらっしゃいません。
みなさん乳歯があります。
多くの方が10本以上の永久歯が骨の中に埋まっている状態です。
永久歯が骨の中に埋まっているにも関わらず、なぜ小児矯正治療だけで、成人期の良い噛み合わせができるのでしょうか?

できないのです。。

通常の矯正医は小児矯正治療の後、大人の歯が生えそろった段階でもう一度矯正治療を行うことを患者さんに説明します。小児矯正をやれば、成人矯正がいらないとはお伝えしません。

誰しも一回だけで安く治療を終えたいというのはよくわかります。

でも良好な結果で終わる保証がないのに、そのようなお話をすることは患者さんのマイナスになると考えております。

小児矯正治療を行なって、経過観察をしていくと、かなり運が良く残りの永久歯が噛んできて、2期治療がいらなくなった、ということは少しの患者さんでは起きてきますが、残念ながら多くの患者さんで起きません。

結局、全て大人の歯に生えそろった状態で、噛み合わせが十分でなければ、十分ではない噛み合わせの状態で成人期、老年期を迎えていくのです。

小児矯正治療(1期治療)をやれば、大人の矯正治療(2期治療)はいらないと初めからいうところは矯正歯科医からすると患者さんに寄り添った治療をやっているとは思えませんので、ご注意いただければと思います。

時間とお金もかけたけれども、何もしない状態よりも悪くなって来ている方を拝見して参りました。状態が悪くなってから矯正専門医にご相談に来ていただいても色々が手遅れで、改善を見込めない時もあります。

小児矯正治療後、大人の歯の矯正治療は必要ですということは保護者の方には耳に痛いかもしれませんが、大切なお子様の矯正治療は矯正専門医へご相談することをお勧めいたします。

あさひ矯正歯科医院
院長 隅田実希