裏側矯正装置について :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

予約ダイヤル 0120-444-047 24hネット予約 お問い合わせ

【診療時間】10:30~13:00 / 14:30~19:00(火金土日~18:30)土日診療

矯正歯科コラムOrthodontic column

裏側矯正装置について

矯正歯科コラム

当院は裏側矯正が日本で始まったばかりのころから院長が診療にとりいれており、その歴史は40年ほどになります。(院長が日本舌側矯正歯科学会の創設メンバーの一人でもあります。)

裏側矯正が始まったころはとても分厚いFujitaブラケットを使用していました。

その次にカーツブラケットを使用。まだまだ装置が分厚くて違和感が大きい装置でした。

装置の厚さが改善されたSTBブラケットが開発され、裏側矯正治療を受け入れる患者様がとても増えました。

その次はNewSTBブラケット、ドクターが治療しやすいワイヤーテクニックが簡素化された装置が開発され採用しました。

その次はクリッピーリンガルとNewSTBブラケットを併用し、より早く治療が進む仕組みで治療を進めました。

そして現在ですが、当院ではドイツで開発されたWinブラケットを採用しています。

治療終了時の最終的な歯の位置を決める作業は細かいニュアンスを伝える必要があるため、日本人の技工士に依頼。装置自体はドイツで作成していただいています。

歯のスキャンからお届けまでに2ヶ月を要しますが、より精度の高い矯正装置をご提供するために、お時間をいただきたく思います。


より良い矯正治療のために、改良された矯正装置が出た際はいち早く情報を得、鵜呑みにすることなく、検証、実施をくりかえし、治療技術を磨いております。


あさひ矯正歯科では矯正歯科専門でしかできない治療技術をご提供いたします。