トータルフィーの採用理由(治療費について) :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

予約ダイヤル 0120-444-047 24hネット予約 お問い合わせ

【診療時間】10:30~13:00 / 14:30~19:00(火金土日~18:30)土日診療

矯正歯科コラムOrthodontic column

トータルフィーの採用理由(治療費について)

矯正歯科コラム

まずトータルフィー?!と思う方にご説明します。

トータルフィーとは矯正治療費(矯正装置料)とは別に毎月かかる調整料や処置料といった3,000円~10,000円の料金がかからないシステムです。
矯正治療費にそのような料金が全て含まれるため、一見治療費が高額に見えます。

当院は以前は毎月調整料や処置料がかかるシステムでしたが、以下の点からトータルフィーシステムに変更いたしました。

①ドクターの技術の向上、また矯正装置の改良により、治療期間が短くなる傾向にあるが、毎月調整料や処置料がかかるシステムであると、技術向上、矯正装置の改良をすればするほど、毎月の処置料がかからなくなり、医院の経営は圧迫される。
違う言い方をすれば、毎月調整料や処置料がかかるシステムであると、ドクターの技術が不足するほど、患者さんは処置料を払わざるおえなくなり、治療費がかさむというのは本末転倒ではないか。


②当院はできる限り矯正器具、機材に良質な物を使い、患者様の来院頻度を少なく、治療期間をできる限り短く良好な結果を得るようにしたい。この努力を怠りたくない。

③治療が難しい方で、たとえ治療期間が長くなったとしても安心な料金体制で治療を受けていただきたい。

④小児矯正で、発育がゆっくりの方もいらっしゃり、その場合、処置料を毎月いただくと、いったいいつまで処置料がかかるのかという不安が出てくるので、それをなくしたい。

⑤高額な治療費を持ち歩く必要がなくなり、お子様一人で通いやすくなる。

毎月処置料がかかる料金体制を採用されている医院でも、矯正治療がとても上手な先生がいらっしゃることは確かです。
料金システムにより、良心的な矯正治療をされているかされていないかは関連性があまりないように感じております。
あくまでも当院の考えを記載いたしました。