デジタル矯正の選択(お子様や型取りが苦手な方に朗報です!) :矯正歯科コラム|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

予約ダイヤル 0120-444-047 24hネット予約 お問い合わせ

【診療時間】10:30~13:00 / 14:30~19:00(火金土日~18:30)土日診療

矯正歯科コラムOrthodontic column

デジタル矯正の選択(お子様や型取りが苦手な方に朗報です!)

矯正歯科コラム

より良い治療をしたい、はいつも心の中にあり、それを追い続けた結果、現在は矯正治療のデジダル化が院内で進んでおります。


以前より口腔内スキャナー(型取りに代わるもの)は1台あり、3D画像を利用しておりましたが、需要が高まり、今月は新しい2台目の口腔内スキャナーが入りました。


型取りをする頻度が飛躍的に減り、治療の初めから最後まで型取りをしない患者さんも出て参ります。


お子さんや型取りで気持ちが悪くなる方には大変な朗報かと思います。


併せて3Dプリンターも導入いたしましたが、やはり良いものを選択したく、予算の10倍を投資いたしました。


デジタル化と簡単に言っても歯科用CTを含め、口腔内スキャナー、3Dプリンターと今年は設備投資が多く、緊張しましたが、0.1mm単位で歯を移動させることができることは本当に素晴らしいと思います。


全てデジタル化が良いかというと全くそうではなく、患者さんの骨の硬さ、顎の動き、噛む強さ、写真ではわからない歯の小さな揺れ、舌の形態、舌の動きなどはアナログで矯正歯科医が診断を行い、歯の動かし方を綿密に計画を立てます。


治療経験というアナログが十分にある上でのデジタル化、これが大切だと考えております。


矯正専門以外の先生による矯正治療の再治療のご相談は毎月必ずあり、増えて参りました。


経験不足の上でデジタル化が進んでも意味がありません。


デジタル矯正といえば、マウスピース矯正が大きく取り上げられますが、そう言った意味で、やはりこちらも矯正専門で受けられることをお勧めいたします。


デジタル矯正の選択(お子様や型取りが苦手な方に朗報です!)
デジタル矯正の選択(お子様や型取りが苦手な方に朗報です!)