3Dデジタル口腔スキャナー|神奈川県厚木市中町で矯正歯科を行なう歯医者 あさひ矯正歯科医院

予約ダイヤル 0120-444-047 24hネット予約 お問い合わせ

【診療時間】10:30~13:00 / 14:30~19:00(火金土日~18:30)土日診療

3Dデジタル
口腔スキャナー
iTero element

3Dデジタル口腔スキャナーを活用した
治療のシミュレーションが可能
iTero element

あさひ矯正歯科医院では患者様の負担が軽いデジタルスキャナーを使用しています

当院では、一般的にはシリコンやゴム製の印象材を使って行なう歯型取りに、3Dデジタル口腔スキャナー(iTero element)を使っております。
特殊な光を歯に当てて撮影することで、約10万に及ぶ歯型を取るためのポイントを計測し、装置の作製に必要な歯の形状や歯列の状態をデータとして取得できます。撮影時間は約1分と短く、時間がかからないため、嘔吐反射の強い方もストレスなく歯型取りを行なうことができます。

3Dデジタル口腔スキャナーの特徴

シリコンの印象材よりも精密な歯型が取れる

一般的なシリコンの印象材を使った歯型取りでは、印象材を取り外す際に歪みが生じることもありましたが、3Dデジタル口腔スキャナーを使った歯型取りではそのような心配がなく、歯を精密に計測することで、ズレのない精確な歯型を取ることができます。

スキャンした歯型をその場で見ることができる

歯型のデータを取得する際、その経過をモニター上で確認しながら進めることができるため、やり直しなどが発生しません。

マウスピース型矯正装置の完成が早い

取得したデータはインターネットを通して米国の工場へすぐに送れるので、矯正装置の完成までの期間を短縮することができます。

歯型取りの際のお口の不快感が少ない

シリコンやゴムの印象材とトレーを使った型取りで嘔吐反射が起きてしまいやすい方も、3Dデジタル口腔スキャナーを使った歯型取りなら、お口に大きな不快感を覚えることなく、こまめにお口を休めながら、歯型取りを進めていくことができます。

子供用のマウスピース型の矯正装置の作製にも使用できる

永久歯が生えそろったお子様用のマウスピース型矯正装置も、ストレスなくスムーズに作製することができます。

治療後の歯並びシミュレーションを見ることができる

取得したデータをもとに患者様のお口の3D画像を作製できます。その画像を使ってコンピューター上で矯正治療による歯の移動のシミュレーションを行なえるので、治療後の歯並びがどのようになるのかを事前に確認することができます。

従来のシリコンやゴムの印象材による歯型取りとの違い

従来のシリコンやゴムの印象材による歯型取りとの違い

早い・快適

従来のシリコンやゴムの印象材による歯型取りでは、印象材を専用のトレーに盛り、それを歯に押し当てた状態で硬化するまで数分間待つ必要がありました。 一方、3Dデジタル口腔スキャナー(iTero element)による型取りでは、約1分間で型取りに必要な撮影は終わります。また、印象材を歯に押し当てているときのようなお口の中の異物感がないので、お子様や嘔吐反射のある患者様でもほとんどストレスなく歯型を取れます。

精密・精確

シリコンやゴムの印象材による型取りでは、歯に押し当てて硬化させた印象材を取り外す際や歯型の輸送中に、歪みや変形が生じてしまうことがあります。
3Dデジタル口腔スキャナーによる型取りでは、歯の形態をより精確にデジタルデータ化することができるので、歪みや変形の心配がなく、精密な矯正装置を作製することができます。

3Dデジタル口腔スキャナーを使うと、
マウスピース型矯正装置の完成が早くなる理由

3Dデジタル口腔スキャナーを使うと、マウスピース型矯正装置の完成が早くなる理由

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の作製は、開発元である米国の工場で行なわれます。従来のシリコンやゴムの印象材によって歯型を取る場合では、歯型を米国の工場へ空輸する必要があります。
しかし、3Dデジタル口腔スキャナー(iTero element)を使うと、撮影によって取得した歯型のデータを、インターネット経由で米国の工場へすぐに送ることができるので、装置の完成までの期間を空輸する場合より1~2週間ほど短縮することができます。