TOPICS

前から2番目の歯が、内側に入っている方は

2017/09/03

上の歯で、前から2番目の歯が内側に入っている方は、

叢生「そうせい」と呼ばれる歯並びです。

叢は「くさむら」と読みます。

歯がくさむらのようにはえてしまっているのでこのような漢字になったのですね。

そして、このような歯並びになっている方の多くは、前から2番目の歯もしくはその隣の歯が虫歯になっています。

綺麗に歯が並んでいないので、歯ブラシをしてもどうしても汚れがたまってしまうんですね。

痛くなかったとしても、矯正治療中歯が綺麗に並んでくると、小さい虫歯が出てくるということは頻繁します。

小さいうちに見つかってよかった、と思うと同時に歯並びが悪いと虫歯になりやすい、ということがとてもよく分かり、綺麗に並んだ歯並びの大切さを痛感します。

前から2番目の歯が中に入っている方は叢生が大きい(歯並びが悪い)ことが多いので矯正治療を是非検討されてみてください。

 

カテゴリー:矯正歯科コラム

ページトップ