TOPICS

矯正治療と健康寿命(8020運動とは?!)

2017/07/11

厚生労働省が推奨している8020運動をご存知でしょうか?

『80歳で20本の歯を残しましょう!』

という推進運動です。

歯が多く残っている高齢者ほど、また、安定した差し歯や入れ歯で噛み合わせが安定している高齢者ほど健康寿命が長いことは様々な研究で証明されています。

では歯が多く残っている高齢者の方はどんな方々なのでしょうか?

それは、『歯並びが良い方』だった、ということです。

また、安定した良い差し歯や入れ歯、インプラント治療の為に、高齢であっても矯正治療を併用される方もいらっしゃいます。

『矯正治療とお年寄り』は結びつきにくいかもしれませんが、矯正治療をすることで、健康寿命は長くなるんですね。

見た目を気にされて治療をする方が多いですが、健康寿命も長くする為に治療を受ける方は少ないとように感じられます。

日本では治療費が高いことばかり印象付けれる矯正治療ですが、治療をすれば、健康寿命が数年伸びると思えば、素晴らしい健康への投資ではないでしょうか?

特にお子様は選択が自分でできませんので、保護者の方のご理解が大切です。

本当に一人でも多くの方に矯正治療の良さを理解していただき、健康に、かつ長生きしてほしいと願っております。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:矯正歯科コラム

ページトップ