TOPICS

歯科健診で歯並びがOKでも

2017/05/25

健診の季節がやってきました。

歯科健診の中でも歯並びが良い悪いの判断をしてもらいますね。

歯並びが◎であっても実際は矯正治療が必要なことは多々あります。

健診に行く矯正歯科医はとても少ないため、矯正治療が必要か必要でないかについて正確な診断がされていないことはたくさんあるんですね。

保護者の方が少しでもお子様の歯並びに関して不安に思うのであれば、健診で矯正治療の必要がないという紙をもらっても、一度矯正歯科医へ相談に行かれることを奨励いたします。

小児矯正治療は成人の矯正よりも難しい面がありますので、必ず矯正専門医へ相談しましょう。

小児矯正が必要ないと診断されることもありますが、その際はセカンドオピニオン(他の病院の診断も聞く)も取りましょう。

小児矯正の時期を過ぎてしまったお子様を当院に連れられ、

他の歯医者さんで経過観察でも良いと言われていました。

と、小児矯正に踏み切られなかったことを悔やまれる保護者の方もいらっしゃいます。

なぜ悔やまれるか?!

それは小児矯正の時期を逃したことで、歯を抜かなければならなくなってしまったからです。

成長期の骨が柔らかいうちにできる治療がありますので、その時期を逃さないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:矯正歯科コラム

ページトップ