金属の装置

金属の装置とは?

目たちますが、安く矯正治療を受けることができます。仕上がりには全く問題がありませんので目立って良いという方にはお勧めです。

通常の矯正治療は歯と歯を引っ張り合うことで治療をおこないますが、これは綱引きのようなもので、引っ張る側、引っ張られる側の双方の歯が移動してしまい、移動してほしくない歯も動いてしまいます。

インプラント矯正は、インプラントから歯を引っ張るので、動かしたい歯だけを選択的に動かすことができます。通常の矯正治療では困難な歯の移動が可能になるため、治療期間の短縮にも寄与します。

ミニインプラントとは?

治療が終わると撤去しますが、撤去時の痛みはなく、2~3日で傷口は治癒します。

インプラントを使用しない場合は、右の写真のようなにヘッドギアを就寝時などに装着して頂く場合がございます。

メリットとデメリット

メリット

  • 通常の矯正では難しい歯の移動が可能
  • 治療期間が短縮できる傾向がある(症例による)

デメリット

  • インプラントを埋入するための外科処置が必要になる
  • 不潔にしていると、感染して緩んでしまうことがあり、外れてしまったら再度同じ処置が必要となる

治療例

  • 治療例
  • 治療例
  • 治療例
  • 治療例

唇の閉じにくさと口元の前突感を主訴に来院した。4本抜歯プランにより、フルリンガルで治療した。上顎の前歯を後方移動するため、口蓋に左右2本のインプラントを植立した。

動的治療期間は32ヶ月、装置代750,000円、精密技工104,000円、処置料10,000円×32回でした。

もっと見る

ページトップ