目立たない白い装置

目立たない装置

目立たない装置

従来の金属装置を使用するのがためらわれる方には、透明なプラスティックの装置をお薦めします。金属と比べるとかなり目立たないですが、表側につけるので見えなくなるわけではなく装置を付けていることは周囲には分かります。スマイルした時や会話時の唇の動き方によっては、上だけを裏側にするハーフリンガルも可能です。

ハーフリンガルについて

表側装置のメリットとデメリット

メリット

  • 舌触りに影響しないので発音障害が出にくい
  • 治療費が裏側より安価ですむ
  • 転居した時受け入れ先を見つけやすい
  • 技工料を必要としない

デメリット

  • 装置が目立たり、見えてしまうので気付かれてしまう
  • しっかり歯磨きをしないと虫歯になりやすい

ヒント

上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正という方法(ハーフリンガル)ですと、かなり目立ちにくくなりますのでお勧めです。

ハーフリンガルについて

治療例

  • 治療例
  • 治療例 治療例
  • 治療例

歯並びの凸凹を主訴に来院した。小臼歯4本抜歯プランでメタルの装置を選択した。

動的治療について、治療期間は20ヶ月、装置代550,000円、精密技工0円、処置料5,000円×20回でした。

もっと見る

ページトップ